ホーム > 外壁塗装 > 補修部分はしっかり記録

補修部分はしっかり記録

修繕工事も終わり、やれやれではなく、今回の補修箇所補修内容、しっかり図面に残し資料として残しましょう。

次の修繕の資料になりますし、すぐに同じ箇所に同じ症状が出てきたら、原因が他に有るとか補修方法の良否など判断の資料になります。大事なカルテです。