ホーム > 外壁塗装 > 塗装前の補修2

塗装前の補修2

外壁以外の塗装で鉄部の塗装は、メーターボックスの扉など、錆びている箇所は、風に煽られたりして曲がったり、ゆがんでしまっている等できちんと閉まらず当たって削られて錆びていることが多いので、いくらさび止めを塗っても、きちんと直してからでないとすぐに剥げて錆びます。

消火栓ボックスなど、普段あまり開けない扉もしっかり点検して直しましょう。消火器や消火栓が非常の時に開かないと大変ですよ。

排気口や吸気口のキャップは、塗り直すより、アルミやステンレスのものに交換しましょう。

あまり目立たない、雨樋を建物に固定しています支持金物、ステンレスに変えましょう。もし、風の強い時など揺れて、音が出たりしているようでしたら、固定箇所を増やした方が安心です。

もったいないので塗装しましょうは、その塗装するものがいくらして、塗装代がいくらかかるのかです。塗装は儲かるけど、交換は、部品代がかかるから儲からないのです。