ホーム > 外壁タイル > 目地の色に注意

目地の色に注意

タイルの色をしっかり合わせても、目地の色がちがうと、目立ちますよ。
気をつけなければいけないのが、補修の後タイルを洗うわけで、

補修が終わって確認して油断すると、完全に硬化していない目地材が水や洗剤で変色したり、汚れの落ちたところと色が合わなかったり、足場を解体してみたら、何だこれはではすみません。
洗浄が終わったら、補修の多い部分のメッシュをはずさせて確認しましょう。遠目に見ないと解らないものです。