ホーム > 外壁タイル > 建物の健康診断、外壁調査から

建物の健康診断、外壁調査から

修繕工事が決まったら、足場を立てない状態で出来る部分を調査して現状を分析して、修繕方法を検討して見積もります。

タイルが割れていても付いていれば構いません。
浮いてはがれているタイルがタイル本体の浮きなのか、コンクリートの上に厚さを調整するために塗ったモルタルが浮いて剥がれているのか判断しなければなりません。建物を建てる時の状態を知ることが修繕工事の始まりです。

タイルで仕上げた下に何が隠されているかですね。団地、都市再生機構では、コア抜きと言う特殊な大きなドリルで表面からコンクリートまでサンプルを取ります。

特に初めての修繕工事ならば、悪い箇所剥がしたり、コア抜きをしたり分析が必要です。何かあれば、売主にも建て主にも協力してもらいましょう。

人間と同じで早期治療が肝心です。斜屋根のタイルが剥落した事故では、新築時のミスが有り、修繕工事できちんと直されていなかった為だった事例がありました。

経年の劣化と新築時の不具合を探すのも大切です。
もちろん経年による資産価値の低下を補う化粧直しが修繕工事です。

アルミ手摺のねじが緩んだり、根元に水が溜まりアンカーが錆びてしまったり、重要な機能不全を早め早めに探すのも大事な目的でもあるのです。

業者選択にも、見積もり金額だけではなく、調査報告等も参考にするべきでしょう。
本来必要な金額以上に払う必要ありません。

しかし大切な修繕費です。素人相手だ仕上げが綺麗になっていればいいと考えて利益を追求する業者も昔は・・でも多少の勉強をしておけば、わからないことを業者に聞けます。何がわからないかわからないでは説明を受けても辛いです。