ホーム > 外壁タイル > はじめに

はじめに

実際に工事をする下請け会社の現場の責任者を30年やっていた私が皆さんの知りたいマンションのリフォーム工事、建物全体の修繕工事についてお話しましょう。

足場の高いところでやっているので良くわからないですね。
工事とは、売っているものを交換するだけでなく、

手順など色々ちがい、わかりにくく、何をやっているかわからず業者任せになります。
信頼できる業者ばかりなら良いけど、コンサルタントを入れても何をしているか理解する為に最低の部分の勉強をしましょう。

まずは外壁のタイルから、内容は欠けたり割れているタイルの張替え、浮いてはがれているタイルの補修です。

このタイルで困ったところは、タイルメーカーで沢山の種類を売っていますが、殆どが、新築時に建物ごとに注文で作られます。

ですから、修繕の時に特別に合わせて焼かないといけないことで時間をしっかりかけないといけません。

見積もりに近似タイルと書いておいて
メーカーに無いので焼かせてくださいは、おかしな話です。5000枚と言っても、特別に古いマンションでなかったら、452丁といわれるタイプが殆どですから、1平米に約200枚25平米程度、バルコニー1件分位です。壁から1枚剥がして、サンプルを焼いて色を確認して本焼きができるまで1ヶ月ぐらいは見ましょう。

修繕工事が決まり、業者が決まったら準備を始めたいですね。
それと表面がかなり汚れていますので通常タイルの洗浄が有りますので、洗い終わったタイルに合わせてくださいね。よく壁が新しい模様のようになってしまっている色違いが有りますよ。新築時に余ったタイルがあれば残してあるはずですよ。まずは倉庫を探しましょう。