ホーム > 防水工事 > 高齢化対策

高齢化対策

開放廊下でバリヤフリーを書きましたので、もう少しだけ。

長い間住み慣れたマンションも何気なく歩いていたところが辛くなりなりましたら、改善する。それがバリヤフリーだと思います。

たとえば、駐車場に行く為の、3段の階段に手すりを付ける。
建物のジョイントエキスパンションの2センチの段差をなくす。など誰かが不便に思っている事があると思います。

エレベーターのトランクルームは定期点検では、直してくれていませんよ。もちろんアンケートをとって修繕工事をしていると思いますが、財産価値の修復を目的とする修繕工事ですが、よりマンションを住みやすくする為の計画が必要です。

裏の出入り口でちょっと傘が差せたらとか、ここにちょっとスロープが有ったらとか沢山あると思います