ホーム > 防水工事 > 共用廊下防水

共用廊下防水

バルコニーの防水と同じですが、廊下は通行を止められない問題が有ります。
ウレタン防水では、特別にすぐ固まる機械で塗る工法で防水します。

機械式のスプレーで撒きますとゆず肌になって固まり、すぐ歩けますが、霧になって飛ぶ為に、壁など他のところを汚さないようにビニールで全部覆います。

この工法がない頃は、こちらが通路と書いて、半分ずつ塗りました。夜に酔っ払って帰ってきたお父さんが歩いて、大変な事になったりしました。

最近多いのが、排水溝と壁との取り合いの巾木をウレタン防水して床は塩ビシートです。
シートを接着剤で貼る為すぐに歩ける様になるからです。

塩ビシートは高級感があるのと、ウレタンスプレーのゆずはだが、汚れが取れにくく嫌われます。

バルコニーより連続した空間になりますので壁天井の色に合わせて、ウレタンの保護塗料、塩ビシートの色を決めたいです。

コンクリートでできた外階段は同じし様で防水します。
エレベーターホールから廊下に段差がある場合は、バリヤフリーのスロープ等を検討しましょう。

中途半端なものを作るとかえって危険になります。
加重等きちんと計算してもらい計画しましょう。