ホーム > 防水工事 > 屋上保護防水

屋上保護防水

コンクリートの黒い目地が、割れたり、浮いたりしている場合が多いですが、コンクリートのひび割れを防ぐ為のもので防水の性能に関係有りません。

最近さすがに、この目地だけを直してお金を取る業者はいなくなりました。
保護防水は劣化の面では強いですが漏水してしまうと、部分的に直せないので、同じように修繕したほうが良いです。

保護コンクリートがある為に、直接に防水に貼り重ねられないので、特殊な工法が必要になります。

保護コンクリートの中の水分が、上から蓋をされてしまい、逃げ場がなくなり、新しい防水層を脹れさせてしまいます。それを防ぐ為に、通気層という下の水分の逃げる層を作り、脱気する場所から逃がしてやります。

蒸れない雨具と同じです。
屋上に小さな筒がついていればそれです。

直接重ねないので、成分が変わっても、問題ありません。
一般的に修繕工事に使われているのは、塗膜防水と呼ばれている、ウレタン防水です。液体を塗ると固まってゴムの防水になります。液体なので、屋上の狭い箇所などに適しています。