ホーム > 防水工事 > 屋上露出防水2

屋上露出防水2

新築時の防水がゴムのシートの場合は、手順は同じで、悪い部分を直して、上に全体的に貼り重ねますが、同じ素材のゴムシートを使います。

ゴムシートは加熱して溶かすのではなく、専用の接着剤を使用します。
貼り重ねて直す注意点は、同じ材質でなければならない事です。

近年、既存の防水の種類を問わず直せる工法が増えてきました。
塩ビシートと呼ばれる色の付いた非常に丈夫なシートを貼るのではなく、コンクリートにアンカーと呼ばれる金具を打ち込んで機械的にネジで固定します。

非常に丈夫なシートですが、沢山のアンカーで固定する為にドリルで穴を開ける騒音が大きくて最上階の人はかなりうるさい事です。着色された防水シートで、保護塗料を塗る必要は有りません。